短歌のピーナツ

堂園昌彦・永井祐・土岐友浩が歌書を読みます。

第56回 片山貞美・編『歌あり人あり 土屋文明座談』

土屋文明超ロングインタビュー 堂園昌彦 歌あり人あり―土屋文明座談 作者: 土屋文明,片山貞美 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1979/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは。 今回ご紹介したいのは、片山貞美編の『歌あり人あり 土…

第55回 三山喬『ホームレス歌人のいた冬』

足で読む 土岐友浩 ホームレス歌人のいた冬 (文春文庫) 作者: 三山喬 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/12/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 公田作品の魅力は、透明感だった。極限状況に置かれても、それをストレートに嘆くわけではな…

第54回 塚本邦雄『茂吉秀歌「あらたま」百首』

永井祐 こんにちは。 今日は塚本邦雄・著『茂吉秀歌『あらたま』百首』(講談社学術文庫)をやります。 茂吉秀歌『あらたま』百首 (講談社学術文庫) 作者: 塚本邦雄 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1993/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を…

第53回 佐藤通雅『岡井隆ノート 『O』から『朝狩』まで』

岡井隆の初期とその時代について 堂園昌彦 こんにちは。堂園です。 今回で「短歌のピーナツ」開始1周年。にも関わらず、更新遅くなって本当にすみませんでした。 さて、今回取り上げたい本は、佐藤通雅さんの『岡井隆ノート』です。佐藤さんは「短歌のピー…

第52回 前登志夫『吉野鳥雲抄』

桜とともに 土岐友浩 吉野鳥雲抄 いつしか四月が来ている。 四月が来るのではなく、わたしのいのちという時間が確実にあらたな季節へ移っているのである。 うちなびく春来るらし山のまの遠き木末(こぬれ)の咲きゆくみれば (『万葉集』巻八) 尾張連(おわ…

第51回 内野光子『現代短歌と天皇制』

牛尾今日子 こんにちは、わたしは牛尾今日子と申します。ゲストです。 去年の、いわゆる天皇陛下のお気持ち会見、そして平成が終わるという話は、みなさんの記憶に新しいことと思います。今回とりあげたいのは、天皇制と短歌の話です。 天皇制の話は、宗教的…

第50回 続 品田悦一『万葉集の発明―国民国家と文化装置としての古典』 

永井祐 こんにちは。 万葉集の発明―国民国家と文化装置としての古典 作者: 品田悦一 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2001/02 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (6件) を見る 今回はもう一回、品田悦一『万葉集の発明』をや…

第49回 品田悦一『斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり』

超ロジカル茂吉評伝 堂園昌彦 斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり (ミネルヴァ日本評伝選) 作者: 品田悦一 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2010/06 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (3件) を見る こんにちは…

第48回 林和清『京都千年うた紀行』

そうだ、京都を詠もう。 土岐友浩 京都千年うた紀行 作者: 林和清 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2008/09 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る 旅のガイドブックと言えば、絶版だけれどガリマール社の「旅する21世紀」…

第47回 品田悦一『万葉集の発明 国民国家と文化装置としての古典』

永井祐 こんにちは。 今日は、品田悦一(よしかず)『万葉集の発明』(新曜社・2001)をやります。 万葉集の発明―国民国家と文化装置としての古典 作者: 品田悦一 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2001/02 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 10回 この…

第46回 阿木津英『短歌のジェンダー』

そして、なぜ、短歌なのか? 寺井龍哉 短歌のジェンダー 作者: 阿木津英 出版社/メーカー: 本阿弥書店 発売日: 2003/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本郷短歌会の寺井龍哉です。東京では寒い日が続いています。少し歩くだけで寒さに身がち…

第45回 穂村弘『短歌という爆弾』

宇都宮敦 短歌という爆弾: 今すぐ歌人になりたいあなたのために (小学館文庫) 作者: 穂村弘 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/11/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る こんにちは、宇都宮敦です。ゲストです。とりあげるのは、穂村弘…

第44回 本多正一『プラネタリウムにて 中井英夫に』

最晩年の中井英夫とその助手について 堂園昌彦 プラネタリウムにて―中井英夫に 作者: 本多正一 出版社/メーカー: 葉文館出版 発売日: 2000/02 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログを見る こんにちは、堂園です。 今回やるのは、2000年に葉…

第43回 大塚英志『キャラクター小説の作り方』

書かれなかった「キャラクター短歌論」のために 土岐友浩 キャラクター小説の作り方 (星海社新書) 作者: 大塚英志 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/10/25 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 今、ぼくの手許には『手紙魔まみ、夏の引越…

第42回 齋藤史『齋藤史歌文集』

永井祐 こんにちは。 今日は齋藤史『齋藤史歌文集』をやってみます。 斎藤史歌文集 (講談社文芸文庫) 作者: 斎藤史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2001/09 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (3件) を見る 講談社文芸文庫なので入手はし…

第41回 藤沢周平『白き瓶 小説長塚節』

長塚節と初期アララギの混沌 堂園昌彦 白き瓶―小説長塚節 (文春文庫) 作者: 藤沢周平 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2010/05/07 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る こんにちは。 今回紹介するのは、藤沢周平が1985年に文芸…

第40回 竹内博・編『香山滋全集別巻』

ゴジラの源流に短歌あり 吉田隼人 評論・年譜他 (香山滋全集) 作者: 香山滋,山村正夫,竹内博 出版社/メーカー: 三一書房 発売日: 1997/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る こんにちは、吉田隼人です。『シン・ゴジラ』、みなさんは何回…

第39回 吉井勇『東京・京都・大阪』

芸と酔態と 土岐友浩 東京・京都・大阪 (平凡社ライブラリー) 作者: 吉井勇 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2006/07/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5回 この商品を含むブログ (9件) を見る まぼろしは見るものではなく、見せるものだ。短…

第38回 篠弘『近代短歌論争史 明治大正編』

永井祐 こんにちは。 今日やるのは、 『近代短歌論争史 明治大正編』(篠弘)です。 近代短歌論争史〈明治大正編〉 (1976年) 作者: 篠弘 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1976 メディア: ? この商品を含むブログを見る この本はまあ、、 ちょっと専門書っ…

第37回 岡井隆『現代短歌入門』

60年代論争史 阿波野巧也 現代短歌入門 (講談社学術文庫) 作者: 岡井隆 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1997/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る こんにちは。阿波野巧也です。 去る11月23日、東京で行われたガルマンカフェで楽しくビー…

第36回 楠見朋彦『塚本邦雄の青春』

映画「この世界の片隅に」と呉時代の塚本邦雄 堂園昌彦 塚本邦雄の青春 (ウェッジ文庫) 作者: 楠見朋彦 出版社/メーカー: ウェッジ 発売日: 2009/02 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (8件) を見る こんにちは。堂園です。 今回…

第35回 玉城徹『茂吉の方法』

茂吉「凡」歌 土岐友浩 茂吉の方法 (1979年) これは、方法の書である。わたしは、もっぱら、斎藤茂吉が、その短歌において用いた方法のみを、考察の対象にすることを心がけた。あるいは、次のように言った方が正確かもしれない、茂吉の作品を通して、「短歌…

第34回 岡井隆『森鷗外の『沙羅の木』を読む日』

永井祐 こんにちは。 今日は、さいきん読んだ本からやります。 森鷗外の『沙羅の木』を読む日 作者: 岡井隆 出版社/メーカー: 幻戯書房 発売日: 2016/06/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 岡井隆『森鷗外の『沙羅の木』を読む日』(幻戯書房…

第33回 前田透『落合直文―近代短歌の黎明』

「近代短歌」の祖、落合直文 堂園昌彦 落合直文―近代短歌の黎明 (1985年) 作者: 前田透 出版社/メーカー: 明治書院 発売日: 1985/10 メディア: ? この商品を含むブログを見る こんにちは。堂園です。 今回やるのは、前田透著『落合直文―近代短歌の黎明』(明…

第32回 関川夏央『子規、最後の八年』

にぎやかに、時に静かに 土岐友浩 子規、最後の八年 (講談社文庫) 作者: 関川夏央 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/04/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 子規たちも、かつて闇鍋をしていた。 闇汁会を発案したのは子規であった。…

第31回 吉本隆明『吉本隆明全著作集5』

永井祐 こんにちは。 最近いそがしくて。10月くらいとか、何かとあるんですよね。 そういうわけで、いつもより準備できてないんですが、 定期更新が大事であるブログなので、今回もやっていこうと思います。 本は、「吉本隆明 全著作集5(文学論Ⅱ)」(勁…

第30回 田中登、松村雄二編『戦後和歌研究者列伝―うたに魅せられた人びと』

研究者でたどる和歌史 堂園昌彦 戦後和歌研究者列伝―うたに魅せられた人びと 作者: 田中登,松村雄二 出版社/メーカー: 笠間書院 発売日: 2006/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る こんにちは、堂園です。 最近、いろんな人から「堂園さ…

第29回 坂野信彦『七五調の謎をとく』

七と五のまわり 土岐友浩 七五調の謎をとく―日本語リズム原論 作者: 坂野信彦 出版社/メーカー: 大修館書店 発売日: 1996/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (2件) を見る 昨日、こんなツイートが回ってきた。 @Perfect_In…

第28回 斎藤茂吉『斎藤茂吉随筆集』

永井祐 先日、とある会合の帰りの電車で、 同じ会に出ていた人と二人きりになった。 23時を過ぎた、それほど混んでいない中で並んで吊革につかまっていると、 その人が「永井さんは旅行、しないの?」と言ってきた。 「しない」という返事をはっきりと予想…

第27回 尼ヶ崎彬『近代詩の誕生―軍歌と恋歌』

日本最初の「詩」は軍歌だった!? 堂園昌彦 近代詩の誕生―軍歌と恋歌 作者: 尼ヶ崎彬 出版社/メーカー: 大修館書店 発売日: 2011/12 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログを見る こんにちは。 今回は尼ヶ崎彬『近代詩の誕生―軍歌と恋歌』(…

第26回 永田和宏『解析短歌論』

「ない」を見る眼 土岐友浩 解析短歌論―喩と読者 作者: 永田和宏 出版社/メーカー: 而立書房 発売日: 1986/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「短歌のピーナツ」第10回で、塚本邦雄の『新撰小倉百人一首』を取り上げた。その名の通り、百人一…

第25回 安田純生『現代短歌のことば』

永井祐 こんにちは。 今日は、安田純生『現代短歌のことば』(邑書林)です。 現代短歌のことば 作者: 安田純生 出版社/メーカー: 邑書林 発売日: 1993/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 1993年刊。 これは、文語に関するお話です。 …

第24回 小高賢『宮柊二とその時代』

宮柊二と戦後社会 堂園昌彦 宮柊二とその時代 (五柳叢書) 作者: 小高賢 出版社/メーカー: 五柳書院 発売日: 1998/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る こんにちは。堂園です。 今日やる本は、小高賢さんが1998年に五柳書院から出した『宮…

第23回 高島裕『廃墟からの祈り』

光を待つ 土岐友浩 廃墟からの祈り 2007年12月、京都で「いま、社会詠は」というシンポジウムが開催された。 小高賢が結社誌「かりん」の誌上で、イラク戦争などを背景として、現代における社会詠の難しさを論じ、青磁社の時評を担当していた大辻隆弘、吉川…

第22回 塚本邦雄『夕暮の諧調』

永井祐 こんにちは。 今日は、塚本邦雄『夕暮の諧調』(本阿弥書店)をやります。 定本 夕暮の諧調 作者: 塚本邦雄 出版社/メーカー: 本阿弥書店 発売日: 1988/11 メディア: ハードカバー この商品を含むブログ (1件) を見る もとは1971年刊(人文書院)、わ…

第21回 岡井隆・小池光・永田和宏『斎藤茂吉――その迷宮に遊ぶ』

ドリームチーム、茂吉を語る 堂園昌彦 斎藤茂吉―その迷宮に遊ぶ 作者: 岡井隆,小池光,永田和宏 出版社/メーカー: 砂子屋書房 発売日: 1998/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは。 今回の本は、1998年に砂子屋書房から出た、岡井隆・…

第20回 佐藤春夫『晶子曼陀羅』

事実か、真実か、それとも物語か 土岐友浩 晶子曼陀羅 (講談社文芸文庫) 作者: 佐藤春夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1993/11 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 与謝野晶子といえば歴史の教科書に「君死にたまふことなかれ」という詩…

第19回 小池光『街角の事物たち』

永井祐 こんにちは。 今日やるのは! 人は「そとづら」が9割 作者: 三枝理枝子 出版社/メーカー: アスコム 発売日: 2013/10/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ではなく! 街角の事物たち (五柳叢書) 作者: 小池光 出版社/メ…

第18回 大岡信『一九〇〇年前夜後朝譚』

「短歌」と「和歌」の違いってなんだ 堂園昌彦 一九〇〇年前夜後朝譚―近代文芸の豊かさの秘密 作者: 大岡信 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1994/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは。 この「短歌のピーナツ」を始めてから、…

第17回 阿木津英『折口信夫の女歌論』

「折口信夫の女歌論」を越えて 土岐友浩 折口信夫の女歌論 (五柳叢書) 折口信夫は、国文学の大学者であり、近代社会を徹底的に批判したアウトサイダーでもあった。 * 近代短歌は、正岡子規が「写生」を唱えたところから始まった。言い換えれば、「写生」が…

第16回 小高賢『老いの歌』

永井祐 今日は、『老いの歌』(2011年刊・岩波新書・小高賢)をやります。 老いの歌――新しく生きる時間へ (岩波新書) 作者: 小高賢 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/08/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 小高さんは2009年に「老…

第15回 来嶋靖生『大正歌壇史私稿』

読みやすい大正歌壇史 堂園昌彦 大正歌壇史私稿 作者: 来嶋靖生 出版社/メーカー: ゆまに書房 発売日: 2008/04 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る こんにちは。 突然だが、皆さんが大正時代の短歌の流れをザッと概観したい…

第14回 枡野浩一『石川くん』

不来方への手紙 土岐友浩 石川くん (集英社文庫) 作者: 枡野浩一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2007/04/20 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (44件) を見る 昔やっていた「トリビアの泉」というTV番組では、なぜか啄木が取…

第13回 伊藤一彦『若山牧水 その親和力を読む』

永井祐 若山牧水―その親和力を読む 作者: 伊藤一彦 出版社/メーカー: 短歌研究社 発売日: 2015/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは。 今日は、伊藤一彦『若山牧水―その親和力を読む』(短歌研究社)です。 一年前くらいに出たわりと…

第12回 臼井和恵『窪田空穂の身の上相談』

窪田空穂39歳、身の上相談に答える 堂園昌彦 窪田空穂の身の上相談 作者: 臼井和恵 出版社/メーカー: 角川学芸出版 発売日: 2006/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 窪田空穂。1877年(明治10年)生、1967年(昭和42年)没。言わずと知れた結…

第11回 『現代の第一歌集―次代の群像』

吉田恭大 現代の第一歌集―次代の群像 作者: 田島邦彦 出版社/メーカー: ながらみ書房 発売日: 1993/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こんにちは、吉田恭大です。ご縁あってゲストに呼んでいただいて、久々に本の山を掘り返しました。 土岐さ…

第10回 塚本邦雄『新撰小倉百人一首』

星を編んだ眼 土岐友浩 新撰小倉百人一首 (1980年) 映画の「ちはやふる」が面白かったから、というわけでもないのですが。 競技かるたに使われる百人一首は、藤原定家が晩年に編んだもので、後世のものと特に区別する場合は「小倉百人一首」と呼ぶ。 もちろ…

第9回 塚本邦雄『新古今集新論』

永井祐 今日は塚本邦雄『新古今集新論』です。 新古今集新論―二十一世紀に生きる詩歌 (岩波セミナーブックス (57)) 作者: 塚本邦雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1995/11/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この本を読んだのはずいぶん…

第8回 大辻隆弘『アララギの脊梁』

アララギはやっぱりおもしろい 堂園昌彦 アララギの脊梁 (青磁社評論シリーズ 2) 作者: 大辻隆弘 出版社/メーカー: 青磁社 発売日: 2009/02/10 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 面白い! 面白い! 面白い! いま一番おもしろい短…

第7回 山田航・編著『桜前線開架宣言』

一万匹の中の一匹の羊の眼 土岐友浩 桜前線開架宣言 作者: 山田航 出版社/メーカー: 左右社 発売日: 2015/12/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る 現代短歌の成果が、とうとう目にみえる形になってまとめられた。 2015年…